タイ文字について

タイ文字について タイ文字について
クワーイくん
クワーイくん

発音の項目で習ったことを意識してみたら、通じることも増えてきました!でも、油断してカタカナ発音になると、とたんに通じなかったりしますね。次は文字ですか?

ノイ先生
ノイ先生

そうです。つぎはタイ文字について勉強します。文字の知識は声調にも関わってきますよ。

クワーイくん
クワーイくん

わー、文字かあ。今のところ、呪文にしか見えないんですが…。あと、僕インドにも旅行したことあるんですけど、タイ文字ってインドの文字にも若干雰囲気似てますね。

ノイ先生
ノイ先生

ふふふ、クワーイさんの勘は当たってますよ。タイ文字は、南インドの文字が伝播したものが元になっています。

クワーイくん
クワーイくん

やっぱり!でも、これが読めるようになるのかなあ。

ノイ先生
ノイ先生

慣れですよ!慣れれば、タイ文字を見て音が浮かぶようになります。タイ人からすると、ひらがな、カタカナ、漢字があって、漢字にも音読み訓読みがある、日本語のほうがよっぽど難しいですよ!

クワーイくん
クワーイくん

それはそうなんですが…。まあ、とにかくお願いします。

ノイ先生
ノイ先生

はい!

 

発音の項では、タイ語の音とその発音方法について学びましたが、この項では、タイ語の文字について学びます。

 

タイ文字は、英語などと同じく、表音文字です。

子音を表す文字、母音を表す文字があり、それに声調記号やいくつかの記号を組み合わせて音を表します。

 

タイ文字はクメール文字(南インド系の表音文字)を手本に作られたと言われており、現在確認できる最古のタイ文字が記された歴史的資料としては、ラムカムヘン王碑文に記されたタイ文字が知られています。

 

以下に、タイ文字とタイ語の文を書く際の大きな特徴を挙げます。

 

発音の項でも言いましたが、「音節」がひとまとまりとして表記されます。

子音字(頭子音) + 母音字 + (子音字(末子音))のかたまりを音節と言います。

これもまた発音の項でも言いましたが、タイ語の日常生活でよく使う基本単語は1音節の単語が多いです。

学術的な言葉は、サンスクリット語起源の複数音節の言葉が多いです。

 

母音字は、英語と違い、子音字の上下左右に置かれます。

声調記号は頭子音字の上に置きます。

 

英語と同じく、横書きで、左から右に書きます。

 

英語と違い、単語ごとに分かち書き(単語の間にスペースを入れること)はしません。

句読点は無く、文の区切りにはスペースを入れます。

 

英語のアルファベットと違い、多くの日本人にとって全く未知の文字である、タイ文字の習得をハードルに感じる方も多いかと思います。

しかし、「覚える数」という観点から言うと、子音文字で42文字プラス母音文字といくつかの記号を覚えればいいだけです。

対して、ボキャブラリとして、どれぐらいの単語を覚えるべきかというと、ベーシックな会話を成り立たせるためには、最低でも5千語ぐらいの語彙は必要ですので、覚えるべき単語数に比べると、実は文字を覚えるというのは、記憶すべき量としては大したことはありません。

 

最初のうちは、音のみ(発音記号のみ)で単語を増やしていっても構いませんが、タイ文字の知識は発音、特に声調にも関わってきますので、最終的には覚えましょう。

スポンサーリンク
タイ文字について

タイ語の子音文字について

クワーイくん タイ文字の勉強は何から勉強すればいいんですか? ノイ先生 まずは、子音文字から勉強します。タイ人も学校で習う「コーカイ」という子音文字42文字を並べた表で勉...
タイ文字について

タイ語の母音記号について

クワーイくん 子音文字の次は母音文字ですね? ノイ先生 そうです。タイ語では、母音記号といいます。母音記号はあくまで子音文字に付く記号、という捉え方です。 同じ母音...
タイ文字について

子音文字の連続について(タイ語)

クワーイくん ふう、子音文字も全て勉強しました。子音文字の種類が声調に影響することも分かりました。母音記号も全て勉強しました。もう文字の勉強は終わり、でいいですね? ノイ先生 ...
タイ文字について

特殊な読み方について(タイ文字)

クワーイくん 前回は子音文字が連続するケースについて勉強しましたけど、今回は何でしょうか? ノイ先生 文字についての勉強も終わりに近づいてきましたよ。今回は今までの原則的な読...
タイ文字について

タイ文字の記号について

クワーイくん 前回までで文字の読み方の例外もやりましたよね?まだ何かありますか? ふわー、疲れたなあ。 ノイ先生 …。クワーイさん。 クワーイ...
スポンサーリンク